2017年11月01日

お出迎え人形、市松人形多数展示中

江戸中期の人気歌舞伎役者であった佐野川市松が江戸の中村座で公演した際、石畳み文様の袴を使ったのが評判になり、佐野川市松と共にこの文様が大流行しました。依頼、この模様を市松模様と言っています。そしてこの頃佐野川市松の用紙を模してつくられた人形が大流行し、その後このような人形を市松人形と称するようになりました。
 一般的には、おひな様はお母さんの実家から送られる者ですが、「かわいい孫のためにせめて何かお祝いをしてあげたい」という、お戸尾さん側のおじいちゃま、おばあちゃまが「お出迎え人形」と称して市松人形を用意する例が増えてきました。お母さんの実家から届くおひな様をお出迎えする人形というわけです。市松人形もおひなさまと同様に型代の役目をするといわれています。市松人形を初節句の赤ちゃんのために用意し、今あるおひなさまと並べて飾って、初節句のお祝いをしてもよいでしょう。